迷っているならこちらがオススメ!

年会費 還元率 家族カード
477円(税抜) 1.5%相当
※Suicaチャージ
477円(税抜)

suicaカードとは?

 

 

JR東日本で利用されているICカードのsuicaにクレジットカードを合わせた「ビュー・Suica」カードというカードが発行されています。

 

では「ビュー・Suica」カードの利点とは何かを調べてみました。

 

suicaカードを利用するに当たって一番オススメしたい方はJR東日本を利用する方です。何故かと言うと通常suicaは事前にお金をチャージする必要がありますが「ビュー・Suica」カードは設定さえしておけば改札を通るときに設定した金額を自動でチャージできる機能があります。

 

しかもsuikaのポイント以外にもクレジット決済のポイントが付きそのポイントをsuicaポイントに変換することで結果的に乗車運賃を安くすることができます。

 

ほかにもオンラインで席の特急電車の指定席の予約を行えたり定期券と一体型になっているカードも発行されていて様々なニーズに応えたサービスを行っています。

 

さらに国内や海外で使える旅行障害保険が付いていたりホテルやレンタカーで使う場合にも特別割引の適応などの嬉いサービスを行っています。中でも宿泊費に関しては宿泊料金が最大20%もOFFになったり一定金額利用する度にホテル利用券をプレゼントするサービスが人気だそうです。その上、公共料金の支払いなどをクレジット決済することによって上位ランクのカードとして更に多くのサービスが受けられることがあります。

 

「ビュー・Suica」カードは電車をよく使う人に対して多くのサービスがあり、電車の利用以外のも多くのサービスが受けられるクレジットカードだと言えます。

Suicaオートチャージとは?

 

 

JR東日本が発行しているICカード「Suica」は自動改札機にタッチするだけで通過することができる便利なカードです。朝のラッシュ時など混雑時に券売機でわざわざ切符を購入する必要もなく鉄道を利用することができます。

 

また、窓口での清算も必要なくスムーズに乗り降りが可能になっています。

 

さらにパスモとの相互乗り入れやショッピングにも使用できるため日常生活全般で幅広く役だってくれるカードです。

 

そんなSuicaにはSuicaオートチャージという機能も備わっています。これは自動改札機にタッチした際、残額があらかじめ設定した金額よりも少なくなった場合に自動的にチャージしてくれる機能です。

 

通常のSuicaでは残額が少なくなった場合は現金でチャージする必要がありました。しかしこのオートチャージの機能を利用すればそんな必要もなくつねに残額が確保できるのです。

 

Suicaオートチャージの初期設定では残額が2000円以下になると3000円がチャージされる設定ととなっています。この設定は入手後に変更することも可能で、チャージが行われる基準となる金額(実行判定金額)は1000円以上1万円以下まで、チャージされる金額(入金実行金額)は1000円単位で設定することが可能です。

 

チャージされる金額はクレジット決済となっており、これも自動的に決済することが可能です。決済は翌々月の引き落としです。

 

このSuicaオートチャージ機能はモバイルSuicaやSuica定期券でも利用が可能です。面倒やチャージの手間を省くことができる魅力的なサービスといえるのではないでしょうか。

Suicaチャージに便利なクレジットカードを選ぶには

 

 

モバイルSuicaの登場で、気軽にどんな種類のクレジットカードでもチャージ(入金)ができるようになりましたが、年会費1,000円がかかってしまいます。

 

JALの航空便をよく利用するなら、JALカードSuicaもいいでしょう。こちらもモバイルSuicaの年会費が当面無料です。

 

お得に活用して節約しようと考えている方なら、その他にも選択肢がでてきます。

超オトクなSuicaカードとサブカードの組み合わせです

年会費 還元率 家族カード
477円(税抜) 1.5%相当
※Suicaチャージ
477円(税抜)
年会費 還元率 家族カード
2,000円(税別) 2%
※チャージ対応
1,000円