Suicaオートチャージ機能

オートチャージについて

 

 

オートチャージとはSuicaのチャージ残高が設定しておいた一定の金額より少なくなると自動改札より入場するときに、あらかじめ設定しておいた金額で自動的にチャージしてくれるというとても便利なサービスです。

 

オートチャージが出来ればうっかり残高不足になることもないですし、なにより券売機で並んでチャージする手間が省けますよね。ただ、この機能は電車の自動改札機の入場時にのみに利用できるようになっていて、改札を出るときやお買い物、バスの利用時にはオートチャージの機能が利用できないようになっているので充分気をつけてください。

 

Suicaのオートチャージではチャージする金額や、オートチャージ実行前の残高設定も事前に全部自分で設定することができます。 また一度設定してもその後いつでも設定を変更することが可能です。

 

(*設定金額は1,000円以上10,000円以下、1,000円単位で設定、1日20,000円までオートチャージできる。)

 

ただオートチャージはクレジット決済での使用になるので、このサービスを利用したい場合にはビューカードやJALカードSuicaなどクレジット機能のあるSuicaカードを申し込まないと利用することができません。

 

またすでにSuica付きクレジットカードを持っている方は、駅にあるATM「VIEW ALTTE」でオートチャージの申し込みが簡単にできるのでぜひ利用してみてくださいね。

 

VIEW ALTTEでは申し込みのほかにもチャージ金額の設定や変更、またオートチャージの利用停止手続きなどすべて行うことができます。 また利用時間も6:00~23:00と長いので、仕事をしている方にも利用しやすいのがうれしいですね。

オートチャージ対応のビューカードの中で一番注目

年会費 還元率
477円(税抜)
初年度無料
カード利用が1回あれば翌年も無料
Suicaチャージ1.5%
ビックカメラで最大11.5%
通常利用1%

Suicaカードのオートチャージ機能について記事一覧

SuicaオートチャージはJR東日本の駅内にあるATM「VIEW ALTTE」で行うことができます。申し込む際にはSuicaと決済用のビューカードの両方を用意する必要があります。なお、オートチャージ機能をつけられるSuicaは本人利用に限定された記名式のものであることが条件となっており、「マイSuica」「Suica定期券」「Suica付学生証」「Suica付社員証」「ゆうちょICキャッシュカード...

Suicaの利用範囲が拡大しており、現在ではJR東日本はもちろん、パスモとの相互利用も可能になっており、非常に幅広い範囲で利用できます。ではSuicaオートチャージ機能はどの程度の範囲で使用することができるのでしょうか。Suicaオートチャージの利用エリアは首都圏・仙台・新潟の各エリアとなります。これらのエリアではSuica・パスモのどちらも利用することができます。なお、オートチャージに関しては新...

Suicaオートチャージのメリットにポイントの付加があります。単に自動的にチャージしてくれるだけでなく、利用するたびにポイントをゲットすることができるのです。まずオートチャージするだけでゲットできるポイント。これは1000円チャージするたびにビューサンクスポイントが6ポイント獲得できるものです。1回3000円チャージする設定にしておけば毎回18ポイント加算されていくことになります。このポイントが4...

残高が設定した金額よりも下回った場合に自動的にチャージしてくれるSuicaオートチャージ。非常に便利な機能ですが、通常のSuicaだけではなくSuica定期券にも対応している点も大きなメリットとして挙げられます。書き換え機能のおかげで更新を簡単に行うことができるSuica定期券。これにオートチャージ機能を付け加えることができるのです。Suica定期券でSuicaオートチャージを利用する場合には決済...