Suicaオートチャージの申し込み方法は?

 

 

SuicaオートチャージはJR東日本の駅内にあるATM「VIEW ALTTE」で行うことができます。申し込む際にはSuicaと決済用のビューカードの両方を用意する必要があります。

 

なお、オートチャージ機能をつけられるSuicaは本人利用に限定された記名式のものであることが条件となっており、「マイSuica」「Suica定期券」「Suica付学生証」「Suica付社員証」「ゆうちょICキャッシュカードSuica」などとなっています。

 

ビューカードは法人カード以外ならすべてのカードが利用可能となっており、Suica機能がついていないビューカードでも利用可能となっています。

 

申し込む際に注意が必要なのはおもに2点。

 

まずSuicaとビューカードに記載されている個人情報が一致していること。氏名、生年月日、性別が同じであることが絶対条件があります。

 

それからSuicaオートチャージには有効期限があること。この期限はビューカードの有効期限と同じになっており、有効期限が切れるとSuicaオートチャージの利用も不可能となるので注意が必要です。延長したい場合には「VIEW ALTTE」で改めて手続きを行う必要があります。

 

Suicaとビューカードさえ持っていればSuicaオートチャージの申込みはそれほど難しいものではありません。「VIEW ALTTE」に2枚のカードを持ち込んで画面の指示に従って手続きを行っていけば戸惑うことなくスムーズに行うことができるでしょう。

 

また、チャージする金額の変更など設定の変更もその場で行うことが可能です。せっかくの機能ですから、両方のカードを持っている人はSuicaオートチャージを付け加えてみてはいかがでしょうか。

超オトクなSuicaカードとサブカードの組み合わせです

年会費 還元率 家族カード
477円(税抜) 1.5%相当
※Suicaチャージ
477円(税抜)
年会費 還元率 家族カード
2,000円(税別) 2%
※チャージ対応
1,000円

関連ページ

Suicaオートチャージはどこでできる?
Suicaオートチャージはどこで設定するのでしょうか?一度設定すればあとは自動(オート)なので、しっかりやっておきましょう。
Suicaオートチャージで貯まるポイント
Suicaオートチャージで貯まるポイントは、カードによって違ってきます。安定してためられるのは何も付いていないシンプルなビューカードだったりもします。ちょっと意外でしたか?
Suicaオートチャージの定期券?
Suicaオートチャージの定期券機能について解説していきます。リンク設定やモバイルSuicaを活用する方法について知りたい方はこちらからどうぞ。