Suica カード メリット

Suicaを使うメリット

 

 

電車を頻繁に利用する人にとってはこの上なく利便性の高いSuicaですが、他にはどんなメリットがあるのでしょうか?ここではSuicaのメリットについて述べていきたいと思います。

 

タッチアンドゴーで改札を通過することができる。

Suicaがあれば電車に乗るときに券売機で切符を買う必要がなく、自動改札機の読み取り部分にタッチするだけで改札を通ることができます。もちろん降りるときも同じ。Suicaを改札機にタッチするだけで自動清算され急いでいるときにはとても便利な機能です。

 

また、Suicaはパスケースやお財布の中に入れたままタッチしてもキチンと認識されるのでわざわざケースなどから出す必要も無く、スムーズに改札を通り抜ける事ができます。

 

チャージ機能で繰り返し使える

Suicaにはチャージ機能が付いているので、何度でも同じカードを繰り返し利用することができます。一回にチャージできる金額の単価は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の6パターンですがチャージの上限は20,000円と決まっているのでそれ以上は入金することができません。

 

またSuicaをはじめて購入する場合にはデポジット(預かり金)として500円が必要になります。

 

もちろんこの500円は預かり金なのでカードを返却する際にはちゃんと返金してもらえるので安心してくださいね。

 

なくしちゃっても安心!?

Suicaには紛失した場合でもチャージ金額を保証してくれる制度があります。 もしSuicaをなくしてしまった場合にはすぐに駅の窓口で申告してください。

 

窓口に報告すると紛失したカードの使用停止手続き、及び新しいカードの再発行手続きを行ってくれます。

 

また手続きの翌日以降には紛失した時点でのチャージ残高を保証してカードを再発行してくれます。でもこれは「My Suica」(名前が記載されているタイプ)と「Suica定期券」だけに適応されている保証なので、無記名のSuicaには適用されません。

 

安全のためにはMy Suicaを購入されることをお勧めします。

 

電子マネーとしてお買い物にも使える

Suicaはチャージ金額を電子マネーとして使うこともできます。

 

ただこの場合 Suica、PASMO、ICOCAのマークがあるお店での利用限定なので、使用する際には必ずこれらの表示が提示されているかまず確認してくださいね。

 

またモバイルSuicaやビュー・Suicaでお買い物をすると自動的にポイントが溜まっていくポイントサービスもあり、溜まったポイントはSuica電子マネーなどに交換することができるのでとってもお得です♪

オートチャージ対応のビューカードの中で一番注目

年会費 還元率
477円(税抜)
初年度無料
カード利用が1回あれば翌年も無料
Suicaチャージ1.5%
ビックカメラで最大11.5%
通常利用1%

関連ページ

モバイルSuicaとは?
モバイルSuicaについて解説していきます。定期券機能やiPhone対応など気になる情報はこちら。新幹線で使えたり、他の電子マネーとAndroidで一括管理したり活用法はいろいろ。
Suicaカードのポイントサービス
Suicaカードをポイントサービスのチャージ還元率とポイント移行に注目しました。Suicaは高還元率が魅力の一つなので、構造をよく勉強して活用していきましょう。
SuicaカードとPasmoの相互利用
SuicaはPasmoと相互利用できるのはご存知だと思います。定期も使えるので乗り換えがある区間を普段利用している方も安心ですね。それぞれの違いを知ってお得にクレジットカードを活用しましょう。
SuicaカードとPasmoを比較
SuicaカードとPasmoを比較してみました。ポイントと使いやすさに注目です。対応しているサービスがほとんどなのですが、一部だけできることとできないことがあるようです。