SuicaとPasmoの相互利用

 

 

SuicaはJR東日本のICカード、PASMOは首都圏の私鉄、地下鉄、バス事業者のICカードです。

 

SuicaとPASMO、この二つのカードの大きな特徴は何と言ってもお互いに相互利用が可能なことです。

 

つまりSuicaかPASMOどちらか一枚もっているだけでJR、私鉄、地下鉄、バス・・これらすべてに乗れてしまうということ!(首都圏の場合のみ)

 

もちろん電子マネーとして利用する場合も同じで、SuicaとPASMOを使用できるお店や自動販売機は両方ともに共通して利用でき、その数は軽く1万店以上を突破しているそうです。

 

そしてその数はこれからもますます増えていくと言われていて、首都圏在住の方はモチロン、通勤や通学などで頻繁に利用するユーザーにとってはますます便利に使いやすくなっていきますね。

 

また定期券の発行に関しては"地下鉄・私鉄エリア=PASMO 定期券"、"JRエリア=Suica定期券"となっていますが、Suica、 PASMOどちらとものエリアを利用する場合においてはSuicaと PASMOの連絡定期券が発行してもらえます。

 

この場合Suica、 PASMOどちらにまとめてもらっても問題ないので、好きな方の定期券を発行してもらってくださいね。

 

(*但し、JR区間のみの場合にはPASMO定期券の発行はできませんし、反対にJR区間を含まない私鉄沿線のみを利用の場合にはSuica定期券の発行は出来ないようになっています。

 

また発着駅ともに他社線の場合も同じで、例えばSuica定期券の場合たとえ間にJRを経由したとしても発着駅がJRでない場合にはSuica定期券の発行ができないようになっています。わかりにくい場合には窓口で確認してみてくださいね。)

超オトクなSuicaカードとサブカードの組み合わせです

年会費 還元率 家族カード
477円(税抜) 1.5%相当
※Suicaチャージ
477円(税抜)
年会費 還元率 家族カード
2,000円(税別) 2%
※チャージ対応
1,000円

関連ページ

Suicaカードを使うメリット
Suicaカードを使うメリットって?定期で使えて通勤や出張だけでなくお出かけから日常のお買いものまで幅広く使えるのがいいですね。他の電子マネーより高い還元率でチャージできるのも魅力的。
モバイルSuicaとは?
モバイルSuicaについて解説していきます。定期券機能やiPhone対応など気になる情報はこちら。新幹線で使えたり、他の電子マネーとAndroidで一括管理したり活用法はいろいろ。
Suicaカードのポイントサービス
Suicaカードをポイントサービスのチャージ還元率とポイント移行に注目しました。Suicaは高還元率が魅力の一つなので、構造をよく勉強して活用していきましょう。
SuicaカードとPasmoの相互利用
SuicaはPasmoと相互利用できるのはご存知だと思います。定期も使えるので乗り換えがある区間を普段利用している方も安心ですね。それぞれの違いを知ってお得にクレジットカードを活用しましょう。